ウワサのシミ対策ジェルとビーグレンを比較してみた

シミ対策化粧品の中で人気を誇るのがシミウスとビーグレンです。しかしこの2つ、一体何が違うのでしょうか。含まれる成分などから見てみましょう。

 

 

→安全性も高いシミウスを今すぐチェック

安全性の高い配合成分はどっち?

有効成分から見てみましょう。

 

シミウスには

 

  • プラセンタエキス
  • シコンエキス
  • コラーゲン

 

と3つの成分が含まれています。さらにマッサージに適用できるダブルクリスタル製法を採用し、揮発性を抑えているのが特徴です。

 

一方ビーグレンは

 

  • 天然クレイ
  • ビタミンC
  • ハイドロキノン

 

などとなっています。

 

ここで注目したいのがプラセンタエキスとハイドロキノンです。プラセンタエキスは最近話題のアンチエイジング成分!細胞を活性化し、細胞の生まれ変わりをサポートしてくれます。

 

赤ちゃんがママのお腹の中で大きくなるのに、胎盤が必要なように、胎盤に含まれるプラセンタが肌の活性化を図ってくれるということです。元々人が持っている成分ですから安全性は高いです。

 

一方ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。強力な美白作用があり、シミを本気でどうにかしたいという方にはいいのですが、刺激が非常に強いため取り扱いには注意が必要です。

 

一般的な化粧品への使用も許可されたのがつい最近です。いくら浸透テックのロジーと融合させたといっても、副作用の懸念は消えないと言っていいでしょう。

コスパもいいのは1つ10役のシミウス

費用面から両者を見てみましょう。まずシミウスですが、通常価格は4743円です。これをお得に購入するには定期便がおすすめです。定期便なら20%オフの3795円!

 

しかも送料無料で美肌が期待できるスペシャルケアマスクもついてきます。30日間の返金保証もついてきますので、1瓶しっかり試すことができるでしょう。

 

一方ビーグレンは8種類の基礎化粧品に別れていますので、1800円のお試しセットはありますが、実際に買うとなると28000円以上します。返金保証期間が365日なのは嬉しいですが、1ヵ月約3万円かけるのは痛い出費です。

 

このように、シミウスとビーグレンには大きな差がありますので、どちらがいいかしっかり考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

→口コミでも評価の高いシミウスはこちら

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_